毎月給料日は風俗デー

貧乳だからこそなのかもしれない

https://ranking-deli.jp/42/area182/
先日お世話になった佐世保のデリヘル嬢はいわゆる貧乳。申し訳ないですがぺったんこ。あれはおそらくAカップでしょうね。でも、だからこそ彼女は風俗嬢として素晴らしいパフォオーマンスを見せてくれたんじゃないかなとも思うんですよね。例えばですけど、常に笑顔を絶やさず、積極的にこちらに対してコミュニケーションを取ってくれましたし、更にはかなり上手なテクニック。こう言ったら失礼ですが胸がないからこそ、他でカバーしようと頑張ってくれていたんでしょうね。風俗は男が選ぶ側なので、どんな女の子になるのかはやっぱりいろいろと考える部分もあると思うんですよね。彼女としてもAカップというハンディキャップがあるからこそ、他の部分で男をしっかりと満足させなければならない…という気持ちになったんじゃないかなと思うんですよ。だから自分にとって、彼女との時間は想像以上に楽しいものになりましたし、他の部分で高い満足感を得られたんじゃないかなと。

デリヘル嬢と付き合いたくて通っている僕

デリヘル嬢と付き合いたいなんて、大それた野望を持っている僕は、最近風俗を頻繁に使っています。もう週2くらいで使っていますね。プレイ自体は楽しめるものですし、僕の場合はリアルに付き合ってくれる子を探しているんです。ただ、なかなかそういう子を落とすのは簡単ではありません。そこで、最近は自分磨きも一緒に進めています。自分が魅力的じゃないと、女の子だってやっぱり付き合ってくれないですからね。そこはしっかりと考えて使っていくことが必要となると思います。色々な使い方ができるけれど、そこは自分自身が紳士になって、女の子とプレイするのが良いかなって思っています。なお、最近は自分の魅力も磨かれてきたのか、風俗嬢の対応も変わってきました。自分で言うのもアレですが、実際に僕はイケメンになりつつあるので、女の子からの評価も良いです。これなら、もしかしたら付き合えるかもしれません。デリヘル風俗嬢を落とせたら、また報告しますね。

デリヘルを初めて使った感想

僕が初めてデリヘルを使ったのは、数年前のことです。あれは大学生のときだったかな。まだまだ大学生活に慣れていない1年の頃、僕は風俗を使ってみたいと思ったんです。しかし、当時は貧乏大学生だったので、生活するのでもやっとでした。それから数年間貯金して、大学3年のときに初めて使いました。使った子は風俗嬢の中でもレベルの高い子で、そのデリヘルではランキングでも上位に来ている子だったんです。そんな子がとても楽しそうにプレイしてくれて、僕の身体をイかせてくれたのを覚えています。かなり使い勝手が良く、それでいて女の子はテクニックもかなりのものでした。一瞬で僕も心を奪われたのを覚えています。それから数年、僕はその風俗嬢を未だに使っています。彼女もそろそろ卒業するかなって思っているのですが、どうやら一生風俗嬢で食べていく気らしいです。確かに、彼女にとってこの仕事は天職とも言えるのかもしれませんね。僕も可能な限り彼女を使っていこうと思いますよ。